最新記事

1歳からのおうち英語教材

今回は1歳からのおうち英語教材について、我が家の考え方、検討した教材及び使用している教材を紹介します。
我が家はベネッセの『ワールドワイドキッズ(以下『WWK』)』を使用しています。

1歳からのおうち英語教材といえばWWKと『ディズニー英語システム(以下「DWE」)』が有名だと思います(私が調べた限りです。他にも沢山あると思います)。
正直どちらにするかかなり悩みました。というかDWEめちゃくちゃ良いなと思っていました。
それでも何故WWKを選んだのかについても本音ベースの話をしようと思います。

我が家の英語教育の考え方とDWEのお試し教材の威力、そしてWWKを選んだ理由について紹介します。また今後英語のアウトプットをどうしていこうと考えているかもおわりに少し書きたいと思っています。


目次

  1. 我が家の英語教育の考え方
  2. 恐るべしDWEのお試し教材の威力
  3. WWKを選んだ理由



1.我が家の英語教育の考え方

我が家は、『英語を楽しいと思って欲しい。英語を通じて娘の世界が広がれば最高だ!』という考え方をもとに、1歳から英語に触れ合う機会を毎日設けています。

まず私は中高6年間学校と学習塾、それに加えて英会話教材(「ドリッピー」って知ってますか?一生懸命やっていました)で英語を勉強しましたが、喋れるようになっていません。簡単な英文を多少読める程度です。
英語学習が始まった当初は喋れるようになれたら嬉しいなんて思っていましたが、いつの間にか英語学習も受験が目的になっており、喋れるようになりたいとは思わなくなりました。
大学ではTOEICの勉強もしましたが、その点数を利用したのは就活の時だけです。

言語学習を舐めるな。喋れないのはお前の怠惰と言われればそれまでですが、それでもそこそこ真面目に勉強してきて、喋れないというのは何だかなと感じます。
旦那も同じようにそこそこ勉強してきましたが、全く喋れません。

新婚旅行や大学の卒業旅行で行った海外で、きっと英語でコミニュケーションが取れたらもっと楽しいだろうなという場面が沢山ありました。

自分の体験もふまえ、娘には私と違う方法で英語と触れ合って欲しいと思うようになりました。

あくまでも私の見解ですが、英語学習の本当の目的は次のように考えています。

学習科目ではなく、生活に根付いた英語を学ぶもの

私の場合は英語学習は受験のためであり、まさに学習科目になっていました。
でも英語はあくまでも言語でしかなく、コミュニケーションを取るための手段ですよね。

そこで思いついたのが幼児英語教育でした。
幼児英語教育のメリット・デメリットは侃侃諤諤の議論がされているので詳細は割愛して、ここでは私の思う幼児英語教育のメリットを2つ紹介します。

幼児英語教育の2つのメリット

1.学習という意識がなく、日本語を覚えるような感覚で英語を身に付けられる
2.ネイティブに近い発音を習得できる可能性が高い


まず1つ目のメリットですが、幼児はまだ英語を勉強として捉えることなく柔軟に対応ができると言われています。
小中から始めると、私がそうだったように、勉学として英語を学習してしまうと思います。
英語が義務教育となり、高校受験や大学受験でも必須科目になっていることで、勉強せざるを得ない状況になってしまい、当然筆記試験上で有効な英語を学ぶことになりますよね。
そうなる前に英語をはじめることで、英語を勉強と考えず、あくまで日本語のようにコミュニケーションを取るために覚え、手段としての英語が身に付きやすくなるんじゃないかなと思っています。

次に2つ目のメリットですが、幼児の間は耳からの情報を吸収しやすい時期と言われています。
したがって英語の音を聞き分け、ネイティブに近い発音を手に入れる可能性が非常に高いそうです。まあ自分の話す英語が伝われば別に発音なんていいかなとも思いますが、発音が良くて損することはないですし、英語を聞き分ける力も身につくならいいですよね。

メリットを2つあげましたが、とにかく子どもに願うのは、英語を楽しみながら学び、英語をコミニュケーションの手段として捉えて欲しいということです。

例えば将来何か学びたい事ができた時に、英語を話すことができれば、海外へ行くことも可能になりますよね。
「日本語」「英語」のどちらで学ぶかを選択できるようになります。それって一気に世界が広がることだと私は考えています。

何かに行き詰まった時、世界に目を向けることができるというのは、生きていくうえでも支えになると思います。

そんな思いから幼児英語教育をはじめることにしました。


2.恐るべしDWEのお試し教材の威力

それからネットで色々調べて、WWKとDWEのお試し教材を取り寄せるのですが、まずはDWEを取り寄せました。これがまた凄いんです。。。
まずはお試し教材の量です。これだけ届きました。。。

【お試し教材】
・全47ページのガイドブック
・サンプルDVD 8曲
・サンプルCD 6曲
・CDに入ってる曲の歌詞絵本
・お風呂のアルファベットポスター
・ディズニーキャラクター達のポスター

 

無料でこれだけ届きます。。。
娘もお試し教材はとても気に入っていて、今でもたまに引っ張り出してDVDを見たり、CDを聴いたりしています。
CDは何回か聴いて、完全に覚えています。

実際に歌っている動画です。

何回かディスニーランドに行って、最近ディズニーにハマりはじめているので、DWEならきっと英語を楽しく学べるんだろうなと今でも思っています。

実際に使用しているわけではないですが、サンプル教材だけでもとてもいい教材ということは十二分に伝わります。

ただWWKも負けず劣らず良い教材です。キャラクターも魅力的で、娘もWWKのキャラクターを愛しています。

ただやはりディズニーと比べるとキャラクターの差は歴然ですね。
ディズニーのキャラクターはただ可愛いだけじゃなく、アニメ、映画、テーマパーク及びグッツ等の様々な媒体を通じて、世の中に広く浸透しています。
そして何よりもキャラクター一人ひとりに独自のストーリーがありますよね。グッズのダッフィーにも独自のストーリーがあるくらいですから。

2歳の娘がキャラクターのストーリー性を理解しているかはともかくとして、段々と大きくなるにつれ、キャラクター達が持つストーリーに触れれば、もしかするとDWEは教材を超えるかもしれないなと勝手に想像しています。使ってないんですけどね(笑)

とにかくDWEの凄さはお試し教材でも十二分に分かるので、まずはお試し教材を取り寄せてみてください。


3.WWKを選んだ理由

当然ですがWWKのお試し教材も取り寄せました。DWEのお試し教材の後だったので、正直どうかなと思っていたのですが、思った以上に娘の反応が良く、悪くないかもと思いました。

結局WWKを選んだ理由なんですが、非常にシンプルです。

圧倒的コストパフォーマンス!!!

「DWE」と「WWK」の価格比較は下記です。

教材 価格(税込)
DWE(ワールド・ファミリー・パッケージ) 1,003,200円
WWK(Stage1より) 249,480円

 

繰り返しますが、圧倒的コストパフォーマンス!!!

旦那と話し合った結果、我が家の資金繰りから考えても、手が届くのは「WWK」だということになり、「WWK」を購入しました。
結果的に娘が毎日「WWK」で英語と楽しそうに触れ合ってくれているので、特段問題はありません。

「WWK」のお試し教材も取り寄せて、「DWE」と比較してみてください。



おわりに

我が家は英語学習を学習科目ではなく、生活に根付いた英語を学ぶものと捉え、『ワールドワイドキッズ(以下『WWK』)』を使用し、幼児英語教育を行っています。
今後娘がどうなっていくか分かりませんが、とにかく今は楽しそうに英語と触れ合っていますので、これでいいと思っています。

ただ両親ともに英語は喋れないですし、現状はインプットに偏っていますので、今後英語のアウトプットをどうしていくかを考えております。
週2回程度英会話教室(オンライン含む)に通い、少しずつアウトプット重視の英語学習にしていきたいと思っています。
色々と英会話教室は探しているので、あらためて紹介したいと思います。

ABOUT ME
pg_marumaru
1児(2歳女の子)のママです。 モットーはお金をかけずに知育をすること。 100円ショップを活用しながら、手作りおもちゃを作るのが趣味です。 遊びから学びを得て欲しいと思っています。